コラム

コラムリレー「おとなってなんだろう」#2

【よんなー1周年コラム(2)】「おとなってなんだろう」


よんなーよんなーのオープン1周年を記念して始まったコラムリレー「おとなってなんだろう」

今晩は第2弾!CYW3期生のなかじからのコラムをお届けします!


こんにちは!なかじと言います!社会人1年目で今は福岡で働いています。よんなーには最初の3〜4ヶ月だけ参加していました。

よんなーのことが大好きなので、また東京に戻ったら必ず参加したいと思っています!



「おとなってなんだろう」

僕が小学生の時に高校生の人を見たら、とても大人びて見えたことを覚えています。そして高校生の時に社会人の人を見たら、とてもカッコよく見えたことを覚えています。

彼らは悩みがなさそうで、とてもキラキラして見えました。



なかじ.jpg

今年で社会人になりました。子どもの頃と同じようにたくさん悩むし、言い訳もするし、お世辞にもあんなに憧れたカッコいい「おとな」にはなれていません。

「おとなってなんだろう」。そう改めて聞かれると悩んでしまいます。自分は「おとな」だと胸を張って答えることも、今は出来る自信がありません。

でも「子どもに戻りたいな」「子どもの頃が懐かしいな」と考えるようになったら、もう「おとな」なんだと思います。

どうせ「おとな」から逃げられないなら、「おとなでもいいや」って思える「おとな」になりたいです。

その近道が自分のやりたいことに素直になることだと思います。素直に生きていけるなら、きっといつか「おとなでもいいや」と思えるはずです。



よんなーよんなーでは、その「やりたいこと」を本気で応援してくれる人や空間があります。お節介な「おとな」があなたを待っています。

騙されたと思って遊びに来てください。そしてちょっとでも安心してくれたら嬉しいです!

次回、12月4日(火)のコラムもぜひ見てください!

よんなーよんなー!!



PIECESの活動を応援する
1日33円~で継続的にご寄付をいただく「サポーター」を募集しています。子どもをひとりぼっちにしない仕組みづくりのために、ぜひごサポーターになってください。
サポーターへ登録する
メールマガジンへ登録する


コラムリレー 「おとなってなんだろう」#1

【よんなー1周年コラム(1)】「おとなってなんだろう」

こんにちは。CYW3期生のまなてぃです!

「よんなーよんなー」という活動に立ち上げから関わり、現在はよんなーのまとめ役となっています。

スクリーンショット 2018-11-20 15.58.15.png




本日、11月20日でよんなーよんなーの活動は1周年を迎えました!!

1年間、子どもたちと途切れることなく関わり続けられて、本当に良かったです。

支えてくださった皆さん、ありがとうございます。


今回は、よんなー1周年を記念して、メンバーからコラムをお届けしたいと思います。

共通のテーマに沿ってメンバーが書いたコラムが、1週間ごとに公開される予定です。

よんなーにはどんな想いを持ったメンバーがいるのか、よんなーってどんな雰囲気なのか、コラムを通してそんなことが見えてくるかもしれません。

よんなーを支えてくださっている皆さんにも、今回初めてよんなーを知ってくれた皆さんにも、楽しんでいただけたら嬉しいです。


1周年コラムのテーマは「おとなってなんだろう」

PIECES全体としては「子ども」にフォーカスを当てているけれど、今回は「おとな」に。

よんなーは高校中退予防や中退後のフォローを目的としているので、関わる子どもたちは高校生から20代前半くらいです。

歳だけで言えば、「おとな」に近い、「おとな」かもしれない年齢です。

なので、よんなーでは「子ども」だけでなく「おとな」も切っても切れないもの。

これを機会に「おとなってなんだろう」と考えてみることにしました。

IMG_1804.JPG


私にとってのおとなはなんだろう…

よんなーの活動では、利用者のことを「子ども」と言っています。

となると、スタッフ側の私は、おとななのかもしれません。

でも、よんなーの子どもたちは、20歳前後。大学生の私からしたら同世代です。

何か違いはあるんでしょうか…



よんなーでの私を振り返ると、おとなな瞬間もある気がします。

場の全体の雰囲気を考える時。相手の話に耳を傾ける時。

ちょっとお姉さんな存在として見守るような関わり方をしています。

もしかしたら、こういう「支える存在」っていうのが、おとななのかもしれません。



でも、お菓子を食べている時、趣味の話をする時。

楽しみながら、のびのびと過ごしています。私自身も。

子どもたちと一緒です。



私はまだまだ、おとなにはなりきれてないと思います。

コーディネーターでこんなことを言ってしまうのは頼りないかもしれません。

けれど、そんな私でいられるのは、無理に背伸びをしないで済んでいるからです。

子どもたちにゆっくりゆっくり寄り添っていくことを掲げているよんなーだけれど、私も寄り添ってもらっているんだなと改めて気づきました。



次回のコラムは、11月27日(火)に公開予定です。お楽しみに〜!




PIECESの活動を応援する
1日33円~で継続的にご寄付をいただく「サポーター」を募集しています。子どもをひとりぼっちにしない仕組みづくりのために、ぜひごサポーターになってください。
サポーターへ登録する
メールマガジンへ登録する