PIECESのメンバー紹介

スクリーンショット 2017-04-25 16.28.29.png

小澤いぶき

代表理事/ Co-Founder /東京大学先端科学技術研究センター特任研究員/児童精神科医
精神科医、児童精神科医として臨床に携わる中で、様々な環境に生きる子どもたちに出会う。
子ども達との出会いを通して、どんな子どもたちにも権利と尊厳がある社会を目指し、子どもたちの可能性が活かされる多様性のある生態系の必要性を感じ、2013年よりPIECESの前身となるDICを立ち上げ生態系づくりを行ってきた。

スクリーンショット 2017-04-25 16.28.53.png

荒井佑介

副代表 / Co-Founder /  CYWプログラム責任者
ホームレス支援からはじまり、5年前に子どもの貧困に関わり始め、中学3年生の学習支援を皮切りに子どもの支援に力をいれる。子ども達に勉強を教えていく中で、彼らの抱える複合的な課題を学習支援だけでは解決できないと感じ、東京都内で居場所支援・家庭訪問・生活相談・進路支援・就労支援と子どものニーズにそって幅広く活動を広げる。出会った子にニーズに応じて、多様な大人の協力を募り、オーダーメイドの支援を展開している。

スクリーンショット 2017-04-25 16.28.13.png

斎典道

理事 / Co-Founder /社会福祉士
大学在学中より国内外の社会的養護、地域子育て支援の現場でフィールドワークを実施。2012年には北欧の社会福祉を学ぶためデンマークに1年間滞在。国民の日常に溢れる、文化としてのウェルビーイングの価値に深い感銘を受ける。
日本福祉大学大学院在学中に代表の小澤と出会い、設立に参画。子ども・子育て家庭の教育福祉問題に対してシステミックな変革を追求する、独立型ソーシャルワーカーという新たな道を切り拓くべく猛進中。

青木翔子

理事 / Co-Founfer /  東京大学大学院 学際情報学府 修士課程
どんな環境にいる子どもや大人でも、いつでも豊かに学ぶことができる社会のために、学習を「趣味縁」「居場所」という観点から再考することを目指し、修士研究では、生徒・学生が学校外で活動するテクノロジークラブについてエスノグラフィを行っている。PIECESでは、支援者(教育者・ボランティア)のための研修・コミュニティの設計・運営を行っている。